もう夫はいらない

アラフィフ離婚しました。('v')ゞ~ 離婚の原因は、終わらない夫の借金。 離婚までの経緯と、その後の毎日を書いてます。 さて、これからどうなるでしょうか。 末永いお付き合いをよろしくお願いします。('◇')ゞ

もう夫はいらない イメージ画像

更新情報

 今日もご覧いただきありがとうございます 北海道のおいしいコーンラーメンが食べたくて、新千歳空港行きの飛行機に乗りました。何をどう間違ったのか、着いたのは全く逆方向の沖縄那覇空港だったら・・・。ソーキソバも美味しいですが、自分が求めていたものとは違いま

 今日もご覧いただきありがとうございます 元夫は純朴で優しそうです。まぁ、借金を繰り返さなければ優しくて、いい夫、父親だったと思います。2人でお買い物に行けば必ずお買い物袋は持つし。・・・・・。あれ?優しかった事、今はそれしか思い出せないでも優しかった

 今日もご覧いただきありがとうございます  「人は自分の人生を背負って歩いている。だから会社員は会社員に見えるし、水商売の人は水商売、主婦は主婦にしか見えない」と美輪明宏さんがおしゃってました。今は社会が多様化してるから、一概には言えないけど、大雑把に

 今日もご覧いただきありがとうございます今日は母の日。長女はこの4月から生まれて初めてアルバイトをしています。その帰りにカーネーションと、不二家のLOOKチョコレートとヴィドフランスで朝食のパンを買ってきてくれました。次女はアンテノールでケーキを買って
『今日は母の日』の画像

  今日もご覧いただきありがとうございます 私が、まだ子どもの頃、夏休みや冬休みで学校がお休みの時に、お昼ご飯を食べながら見ていたテレビ番組で「再現フィルム」による視聴者の体験した事を紹介するコーナーがありました。夏場は「あなたの知らない世界」などの心

 今日もご覧いただきありがとうございます   元夫は、私が離婚を言い出すとは思ってなかったと思います。もう52才でしたし、その時は週3日程度のパート勤務で、大した収入もなく、頼れる実家もないので、離婚なんてできっこないと思ってたはず。長女は大学受験の大事な

 今日もご覧いただきありがとうございます 元夫の1回目の借金が発覚した時、夫の言う金額のままに、私の預金100万円、長女の学資保険100万円、生命保険、介護保険などを解約して返済に充てました。 金額は250万円を超えててたと思います。忘れてしまいたい記憶なのであ

 今日もご覧いただきありがとうございます ほぼほぼ毎日怒っとりますっ。怒りの度合いは、もちろん日によって違いますが・・・。 朝、1人で会社に向かって歩いている時なんかは、地球が真っ2つに割れるんじゃないかと思うほど、ドンドンッと足に力が入ってしまう事があ
『原動力は元夫への憤り』の画像

 ご覧いただきありがとうございます 家庭裁判所に調停を申し込んだ時、調停委員からは主張書面は書いた方が主張が認められやすいから書いた方がいいけど、別に書かなくても大丈夫ですよ。書くなら箇条書きのような形で簡潔にとアドバイスを受けました。 どうしようかな

★★★自分の癒しと借金を繰り返す夫・妻に悩む人たちへ、何かのお役に立てたらいいなと思いブログを書いています。★★★ このブログをはじめからんでみる①このブログをはじめからんでみる②このブログをはじめからんでみる③     ブログに来て頂きましてありがとうご

 今日もご覧いただきましてありがとうございます。 テレビを見てると流れる競馬ボートレース競輪パチンコのCM。      悲しくなります。 これらギャンブルによる依存症で借金をつくり、どれだけの人が苦しみ、辛い思いをし、どれほどの家庭が壊れていったのかな

  今日もご覧いただきましてありがとうございます 私の父は15年前に亡くなり、年金暮らしの母が1人で公共住宅に住んでいます。もう78才です。体のあちこちにガタがでていて足や手を手術しました。 とても手先の器用な人で和裁、洋裁、手編み物、機械編み、絵手紙、趣味

 今日もご覧いただきありがとうございます大学への進学率が出てましたので載せておきます。次女が「大学へは行かない」選択をしたので、一般にはどうなのかなーと気になり、調べてみました。ちょっと見にくいですが、ご容赦を。2015年は男子の場合は半数以上の55.4%が大
『大学への進学率』の画像

ご覧いただきありがとうございます前の記事に、夫からの離婚申請理由の9位が妻からのDVで、信じられない理由と書きました。でもね、思い返すと1度だけですが、元夫を蹴ったことがあります 私もDV妻でした・・・  →かっこ悪い離婚の理由 コチラも読んでみて下さい
『私、DV妻でした… 心臓がバクバク』の画像

 今日もご覧いただきありがとうございます3度目の元夫の借金がわかった時に、ー私に不満があったから、また借金したの?こんな嫌がらせみたいな事せずに言ってほしかった。元夫はしばらく黙っていましたが、「わからん・・・、でも気を遣う。」と言いました。私は子ども

↑このページのトップヘ