ブログに来て頂きまして

ありがとうございます
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

    今日は月曜日。

週明けは忙しく、次々に慣れない仕事が回ってきて、、、。
その様子を見かねたのか、同僚が「大丈夫?」と声をかけてくれた。
「できないことはできないって言わな、誰もわかってくれないよ。ストレスを溜めないようにね」と。

「私、ストレスはたまらないけどね」と笑って返しました。

私がストレスを感じていたのは、ヤツの3度目の借金が発覚して、生活の不安を抱えていた時がピークでした。
長女子は大学入試を控えてたし、次女子は高校入学で、制服、カバン、教科書。
揃えるものがたくさんありました。

あの頃は、毎日お金のことで頭を悩ませてたし、ヤツの顔を見るのも、毎日帰ってくるのも嫌でした。

人生でどの時点に戻りたくないかと訊かれたら、この頃ね。
今から8年ほど前、2度と戻りたくない。

究極のストレスを経験したので、今はもう普通の日常生活の中でストレスを感じることがなくなりました。辛いカレーも食べ慣れると辛くなくなるように。

 このゴールデンウイーク、ヤツは随分と家のリフォームをしてくれました。

目を合わせて話すことがなかった時期もありましたが、今は普通に。
友だちのような関係かなと思います。

 山口百恵さんが歌った、さだまさしさんが作詞作曲の「秋桜」の歌詞の中に「(お母さんが)明日嫁ぐ私に苦労はしても笑い話に時が変えるよ、心配いらないと笑った」とあります。

 私の8年の時の流れはヤツの借金を、笑い話には、しないですが、絶対に許さないと思った怒りをほどいてくれはしました。

時間薬・時はすべての傷をいやす

悲しみの最中にいる時は、そんなのムリだ!と思うけど、時は優しいです。
全ての人に平等に、傷ついた心をいやしてくれる。



最後までお付き合い
ありがとうございました




このブログをはじめからんでみる①