ブログに来て頂きまして

ありがとうございます


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

   日本の生活保護の受給の割合は他の国と比べて少ない。
不正受給も0.4%と言われてるけど・・・。

慎ましく暮らしてる人がほとんどだと思うけど、

生活を立て直すために、一時的に生活保護を、貰ってる人、本当に働けない人、そういう人たちはいいの。

 モヤモヤしています。



生活保護を受給しているシングルマザーの友だち。
貰ってることを自慢気に話します。

まるで頑張って得た奨学金か何かのよう(笑)

 彼女のひと月の収入は、生活保護費と*児童手当と自身のパート代で14万円位はあるそうです。
パートは生活保護を貰うためにセーブしているので、週に3日、午後から出勤。
以前、10万円で生活していると聞いていたのですが、ウソでした。
 *生活保護受給世帯にも児童手当は支給されますが、児童手当は全額収入認定されます。

 収入認定されれば、その分生活保護費が減ってしまいますが、減った分の生活保護費を児童手当と同額が支給される児童養育加算によってカバーできるという事になります。

 児童手当によって減額される前の生活保護費+児童手当が支給される事になります。



 住居費、市営の交通費、医療費などはかからないので自由に使えるやん、その14万円。

 なのに、お金がナイナイと言うのだけど、ないのも当然で、先日は8万円でエステの契約をしたという。
先々月はジムで4万円。

子どもの塾代に毎月5万円。

生活保護費でエステってどうよ?

私は勿体なくて行かないよ。

塾代に5万円って。

うちの長女子は、しまじろうからの流れで進研ゼミ。
次女子は、リーズナブルな個人塾。

彼女に、今のままではアカンよといろいろアドバイスしても聞く耳持たず。

そうそう、2年着た服は処分するんだってさー。

 ひと月の使えるお金は、マンションの管理費(年/4回:固定資産税)、医療保険などのもしもの時の各種保険、交通費などの必要経費を考えると、真面目に働いてる私より多いんちゃう?

でも、そんなことより、
彼女の話・・・、
「電車に乗った時、お年寄りに席を譲らない人が居たので『アンタ、このおばあちゃんが見えへんの?お年寄りには席譲らなあかんやろ』と説教したった」と正義ぶったのに、心の中で、でもな、その説教された人は多分、ちゃんと税金納めてると思うで、あなたは人並みに税金を納めてから言いなさい。説得力なーしと思ってしまう自分のちっちゃさにモヤモヤ。
こんな事思いたくないのに。

もう彼女のことは友だちと思うのは今日限りでやめよう。
遠ーい知り合い程度と思うことにしよう、そうしよう。

人生の最後に、神様から採点表を貰う時のことを考える。
自分の心に恥ずかしくない生き方をしたいものです。


ここに書いて、ちょっとスッキリしました!



後までお付き合い
ありがとうございました




このブログをはじめからんでみる①
このブログをはじめからんでみる②
このブログをはじめからんでみる③





参考になるブログがたくさんありますよ

   
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ